Google

Yahoo! JAPAN



武田信玄リンク集

武田 晴信/武田 信玄(たけだ はるのぶ/たけだ しんげん)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。 甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信。「信玄」とは(出家後の)法名。大正期に従三位を贈られる。 甲斐の守護を代々務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。先代・信虎期には国内統一が達成され、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。その過程で対立した越後の上杉謙信と5次にわたると言われる川中島の戦いを行いつつ信濃をほぼ平定し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領し、次代の勝頼期にかけて武田氏の領国を拡大した。晩年、上洛の途上に、三河で病を発し信濃で病没した。 江戸時代から近現にかけて『甲陽軍鑑』に描かれる伝説的な人物像が広く浸透し、風林火山の軍旗を用い、甲斐の虎または龍朱印を用いたことから甲斐の龍とも呼ばれ、強大な武田軍を率い、また上杉謙信の好敵手としてのイメージが形成される。現在でも、地元の山梨県をはじめ全国的に高い知名度を持ち、人気を集めている戦国武将の一人である。

大永元年(1521年)11月3日、甲斐国守護武田信虎の嫡長子として誕生。母は西郡の有力国人大井氏の娘・大井夫人。 父・信虎期は一族や国人領主を制圧して甲斐統一が達成され、甲府の躑躅ヶ崎館を本拠とした城下町が整備され戦国大名としての地位が確立された時期にあたる。 生誕地は武田館の背後にあたる要害山城(または積翠寺)で、『高白斎記』によれば信玄が誕生した大永元年(1521年)には駿河国今川氏親の命を受けた福島正成率いる1万5000人の軍勢が甲府に迫り、大井夫人は要害山へ退いていたといわれ、武田方は荒川幡(甲府市)において今川方を撃退する。信玄の幼名は確実な史料では「太郎」であるが、『甲陽軍鑑』(以下『軍鑑』)によればこのときの勝利に因み「勝千代(かつちよ)」とも名付けられたという。後世に英雄視されていることから出生伝説もうまれ、『軍鑑』や『武田三代記』などによれば、信玄誕生のとき、産屋の上に一条の雲がたなびき白旗の風に翻るように見えたが、それが消えたとき一双の白鷹が3日間も産屋にとまったとされる。このため、諏訪明神の神使が若君(信玄)を守護してくれるのだと末頼もしく思ったとされている。別の話では、信虎が陣中で休息しているとき、曽我五郎が自分の子になる夢を見て、そのときに信玄が生まれたとされている。 大永5年(1525年)父・信虎と大井夫人との間に弟・次郎(武田信繁)が生まれる。『軍鑑』によれば、父の寵愛は次郎に移り勝千代を徐々に疎むようになったと言う。傅役は不明だが、『軍鑑』では板垣信方が傅役であった可能性を示している。 信虎後期には今川氏との和睦が成立し、関東地方において相模国の新興大名である後北条氏と敵対していた扇谷上杉氏と結び、甲斐都留郡において北条方との抗争を続けていた。『勝山記』によれば、天文2年(1533年)に武蔵国川越城主上杉朝興の娘が晴信の正室として迎えられており、これは政略結婚であると考えられているが、晴信と彼女の仲は良かったと伝えられている。しかし、天文3年(1534年)に出産の折、難産で彼女も子も死去した。 天文5年(1536年)に元服し、室町幕府第12代将軍・足利義晴から「晴」の偏諱を賜り、「晴信」と改める(『高白斎記』による、「信」は武田氏の通字)官位は従五位下・大膳大夫に叙位・任官される。元服後に継室として左大臣・三条公頼の娘である三条夫人を迎えている。この年には駿河で今川氏輝が死去し、花倉の乱を経て今川義元が家督を継ぎ武田氏と和睦しており、この婚姻は京都の公家と緊密な今川氏の斡旋であったとされている。『軍鑑』では輿入れの記事も見られ、晴信の元服と官位も今川氏の斡旋があり勅使は三条公頼としているが、家督相続後の義元と信虎の同盟関係が不明瞭である時期的問題から疑視もされている(柴辻俊六による)。 信虎は諏訪氏や村上氏ら信濃豪族と同盟し信濃国佐久郡侵攻を進めているが、武家の初陣は元服直後に行われていることが多く、『軍鑑』によれば晴信の初陣は天文5年(1536年)11月、佐久郡海ノ口城主平賀源心攻めであるとしている。『軍鑑』に記される晴信が城を一夜にして落城させたという伝承は疑問視されているものの、時期的にはこの頃であると考えられている。 晴信は信虎の信濃侵攻に従軍し、天文10年(1541年)の海野平合戦にも参加しているが、『高白斎記』によれば甲府へ帰陣した同年6月には晴信や重臣の板垣信方や甘利虎泰、飯富虎昌らによる信虎の駿河追放が行われ、晴信は武田家第19代家督を相続する。 この信虎追放には『勝山記』や塩山向岳禅庵小年代記など甲斐国内史料に記される信虎の対外侵攻の軍役や凶作に際しての重税など「悪行」を原因とする説から、『甲斐国志』による合意による隠居であったとする説、今川義元との共謀説などの諸説ある。『軍鑑』では追放の原因を不和とし、晴信は嫡男として遇されていたが、信虎との関係は険悪化しており、天文7年(1538年)正月の元旦祝いのとき、信虎は晴信には盃をささず、弟の信繁にだけ盃をさしたという逸話を記している。

多くの寺社に寄進をし、自身も在家出家していることから、一般には仏教を信仰をしているようにみえる。しかし、出家後も多くの側室を持つなど俗世との関わりを絶たずにおり、仏教に背く行為もみられる。 このことに関して信憑性は今ひとつである『甲陽軍鑑』(元々信玄本人が著したのではないのと、成立が江戸初期という事で、徳川幕府の手が加わっている個所が多々見られる)の記述では、当時信玄が熱心に勉強していた『碧巌録』の10巻ある内の7巻までを信玄が参禅し終わった時、導師岐秀元伯に「あなたはこれ以上する必要はありません。武士である以上、悟りをひらいて俗世を捨てるという考え方はいかがなものか」と言われ、信玄本人は10巻までの参禅を希望したが、説得され7巻までにとどまったとされている。 当時の武士、特に国持ち大名と呼ばれる武士達と僧侶は繋がりが深く、多くの武士が出家しているが、国の情勢や家督問題、俗物的な思惑など様々な理由により悟りをひらくまでにはいたっていない。当時の有力寺社には僧兵、神人と呼ばれる武装した下級の僧侶、神職を抱え、女人に手を出し強盗紛いの行為に及ぶなど堕落し、俗世に関わり武装闘争をも辞さなかった。信玄は出家しこれ等宗教勢力の一員もしくは協力者ともいえる関係になることで、これ等の宗教勢力や一揆を扇動し、他の大名への牽制や戦力の分散をさせるといった狙いもあったとされる。『甲陽軍鑑』の中で信玄出家の理由の一つに、出家することで大僧正の地位を手に入れるといった目的もあったとの記述も見られる。また、本願寺の顕如の夫人如春尼と信玄の正室三条の方は実の姉妹である。このような事や家臣にも同様に出家したものが複数いることから、信玄個人だけでなく武田家は宗教勢力との関わりが深かったと言える。このように、形骸化したとはいえ本来あってはならない僧侶の婚姻を推し進めたり、信者を使って一揆を誘発したりしていたことから少なくとも純粋な信徒ではなかったようである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 武田信玄 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4